血行促進

プラセンタ知っておきたい種類と副作用

プラセンタは5種類あります。
通常サプリメントなどに利用されることが多いのが動物性プラセンタと呼ばれる馬、豚、羊のプラセンタです。
最近美容商品などにも利用されることが多くなったのが植物プラセンタです。
そして昔から医療機関で利用されてきた人のプラセンタ、合計5つのものがあります。

サプリメントや美容商品などで利用され、内外から摂取するものとして利用されるのが動物性プラセンタと植物性プラセンタで、人のプラセンタは医療機関以外利用することはありません。
動物性のものも以前は牛のものが利用されていましたが狂牛病問題などがあり利用しなくなり現在では豚や馬のものが利用されています。
サラブレッドの良質なものを利用した商品などもあり、高額なものから比較的リーズナブルなものまでいろいろです。

植物には胎盤なんてないじゃないか!と疑問になりますが、植物のものは植物の成長因子がある芽の部分、胚芽の成分を抽出したものを利用します。
動物性プラセンタと比較すると癖がないため利用しやすいといわれています。

さて気になるのがプラセンタの副作用ですが、現在、プラセンタの美容商品や健康食品による副作用の報告はほとんどありません。
特に日本の商品は安心して利用できるものばかりです。