血行促進

プラセンタで更年期障害の症状改善

閉経を挟み前後5年程度におこる様々な症状を総称して更年期障害と呼んでいます。
最近は若年性更年期障害といって閉経近くではないのに更年期障害のような症状に苦しむ女性も増えています。
更年期障害は閉経近くなって女性ホルモンのエストロゲンが減少することによっておこるといわれていますが、このホルモンバランスが乱れてしまうことで、若い女性の中にもこうした症状を起こす人が出てきているのです。

更年期障害の症状といえば、のぼせ、睡眠障害、疲労感、頭痛、吐き気、倦怠感など多数に及びます。
時にこれらの症状がひどく発生してしまう人の中には、入院が必要となってしまう方もいらっしゃいます。
また病院で処方されたお薬がなにも効果なく、ただ症状が納めるのを待っているしかないとあきらめている方も多いようです。

プラセンタは女性ホルモンのバランスを整える力を持っています。
またプラセンタは自律神経の乱れにも効果がありますので、更年期障害で起こる様々な症状を緩和させる効果がプラセンタにはあるのです。
免疫力のアップ、また基礎代謝をアップさせる力が、更年期障害で弱ってしまった体を元気にしてくれます。
ホルモンバランスが正常化すれば少しずつ更年期障害の症状も収まっていくでしょう。