血行促進

プラセンタの安全性

プラセンタの安全性については副作用がほとんど報告されないという点において、体に害のない安全性の高いものといえますが、病原体についてはどうでしょうか。
人の胎盤から抽出したプラセンタは医療分野以外に現在、利用されていませんので、病原体というとやはり動物性プラセンタの中でも、馬、豚、羊などのプラセンタが気になります。

病原体についてもこれまで動物性プラセンタでもそのほかのものでも副作用などの報告がありませんが、将来的にという事となるとこればかりはなんとも言えません。
この先、どんな新しい病原体が発生するかわかりませんし、その病原体が人の体にどういう影響を与えるのかもわかりません。
ただ、現在販売されているプラセンタ商品の場合、こうしたリスクについて検査等が厳しく行われていますし、それでも心配という場合、豚プラセンタの中でもFPS豚のプラセンタを利用すれば病原体リスクへの不安を少なく出来るでしょう。

SPFというのは危険性ある菌類などの感染がないように、厳しく管理された元育成された豚です。
この豚のプラセンタの場合、将来的に見つかるかもしれない病原体の可能性もかなり低くなるでしょう。
ただ、こうした事へ不安を持たなくても、豚や馬などの動物のプラセンタを人が利用する場合、「種の壁」がありますので、そう心配しなくても大丈夫です。

↓プラセンタでアレルギー体質を改善